青空キッチン若柴校

3歳から小学6年生までのお子さんのための食育・料理教室です。

食わず嫌いが発動した瞬間にどう対処すべきか

食育あれこれカテゴリーにぴったりな記事です。
食わず嫌いレベルの野菜嫌いでお悩みの方は参考に読み進めてみてください^^
f:id:hiromitakatsuka:20180618014718j:plain
こちらはとあるレッスンに使用するフルーツサラダの材料。
この材料を見た瞬間「げ、嫌いな野菜がある・・」とレッスン開始前からテンションダダ下がり。作るの嫌だし食べたら吐くかも!と顔に書いてあります。あぁやっぱりね!と私も内心感じていました。

こちらのケース、持論ですが対処方法としては食べることは見送る
食べなくてもいい、さわれたら3倍増しで褒めましょう^^しかもえらいね!すごいね!という鉄板でなくそんな事できるの!?余裕じゃん!!とその子が苦手意識があるにも関わらずあっさりクリアしている様に驚いてあげる事


栄養たくさんあるから食べたほうがいいよとか
好き嫌いはだめ、食べなさい!とか言うだけムダ。怒るなんて悪夢でしかない。
お子さんの性格にもよりますが今回は苦手なものに結構敏感なタイプの例ですので、大人がハードルをぐっと下げて見届けてあげると勇気が持てますよ。

さらにはお父さん、お母さんがとっても美味しそうに食べている姿を見せてあげると
「なんかおいしそうだな。食べてみようかな」と気持ちが前を向くかもしれません^^

こちらの生徒さん後々、あらゆる手段で苦手なお野菜2種類食べられました!

子どもの勇気ある行動はいつ見ても感動します。