青空キッチン 柏市若柴校

食育を学ぶ 子ども料理教室(千葉県柏市)

保護者の立場からみた青空キッチン

青空キッチン若柴スクール
講師の高塚ひろみです。

私自身、青空キッチンに子ども2人が通っている保護者の一人です。


料理教室なのに社会性や学習要素があるの?と習わせてみたいという親心と
子どもたちの「またやりたい!」という強い希望から
上の子が4歳、下の子は誕生日を待って3歳から入会。
最初は字も読めない・書けない・色ぬりは全部青!な状態からはじまったレッスンでも、子ども達は次回のレッスンが待ち遠しい(待てない)日々でした。

通い始めて数回で冷蔵庫をあけてあれこれ質問するように。
スーパーでおやつコーナーより野菜・鮮魚売り場に真っ先に向かっては
調理したい野菜をカゴへ入れるようになり、
食卓ではなにが入っているでしょうかクイズが始まる。
気づけば字が書けるようになる。
キッチンに立っていることが自然になり・・・

そうして1年が経つ頃、突然こんな手紙をもらいました。

f:id:hiromitakatsuka:20170604144218j:plain

「いつも ありがとう」

ママの笑顔じゃなくて食卓の絵でした。
ずっと通わせてよかった。しっかり伝わってると感じました。

 

今では大さじと言わず「15かして」と言って自分で朝食を作ったり、
味噌汁を作るときはかつお節を探す子に育っています。
食育という言葉は知らないけれど、感覚的に知っていると思います。

男の子なのに料理教室に行ってるの?
家で手伝わせればいいんじゃない?という反応もありました。

生徒の保護者として、講師として改めて言いたいです。
青空キッチンで学ぶことは、調理だけじゃないということ。
子どもたちの吸収力で大人が思っている以上の効果を発揮します。

そして今では私自身がキッズ食育トレーナーとなり
今度は大人へ「キッズ食育」を伝えるために勉強の日々です!

一人でも多くのお子さんと保護者のみなさまに
青空キッチンの魅力を知ってほしい。
この想いが全てです。


体験レッスンの日程はこちらから!

お申し込み・お問い合わせは
画面右下【お問い合わせ】からお願いします。
Mail: hiromitakatsuka@aozora-kitchen.com