読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

青空キッチン若柴スクール

子どもが食育を学ぶための料理教室(千葉県柏市)

面倒だと感じるのは大人だけ。子どもにとっては遊びの延長

青空キッチン若柴スクール
講師の高塚ひろみです。

 

毎日の食事作り、新しいメニューに挑戦してみたり、特別な日にご馳走を作るなど、料理をするシーンは様々です。

 

料理をする時に一番重要な部分はどこだと思いますか?

 

離乳食なら赤ちゃんが飲み込める固さや味

食べ盛りの子ども達へのメニュー構成

ご家族の健康を考えての塩分や品目数

レシピに記載された材料・調理時間・予算

などあげるときりがないですよね。

作るからには喜んで食べてもらいたい。

 

しかし作る前から考える要素がこんなにたくさんあるんです・・

「なんでもいいよ」の一言で肩が凝りそう・・

そして時間に追われるとつい、下ごしらえも曖昧にしがち・・

と言いたいところですが 実はこの「下ごしらえ」が要なのではないでしょうか? 

f:id:hiromitakatsuka:20170527010423j:plain

 (目止めをすることで水漏れ、ひび割れを防ぐ)

 

魚を正しく捌くとか、

アクを丁寧に取るとか、

時間をかけて丁寧に行った方が良いとされる作業はあります。

 

 ですが毎日作る献立。

そこまで難しいことばかりでなくて

炊く前に研いだお米を冷蔵庫に入れる。

魚を焼く直前に魚グリルを温めておく。

野菜の皮むき種取りを一工夫する。

お味噌汁のお出汁をとってみる。

少しワンランクアップしておやつを手作りしてみるなど。

 

下ごしらえをちょっと加えただけで

いつもより「おいしい!」と確実に感じることができる。ニコニコ食べてくれたら、作る楽しさにもつながると思いませんか?

そしてその楽しさこそが、子ども達が一番やりたいと思うポイントなのです。 

 

子ども達にとって料理の醍醐味は下ごしらえ!

 

下ごしらえから始まるレッスンで「おいしい!」を習慣にして心も身体も健やかに育つお手伝いができればと思っています。

 

明日のレッスンでは写真の土鍋でグリーンピースご飯を炊きます♡

お楽しみに!

 

ただいま体験レッスン受付中!!

お申し込み・お問い合わせは
画面右下【お問い合わせ】からお願いします。
Mail: hiromitakatsuka@aozora-kitchen.com